平成21年第1回臨時会(第1号) 本文

 1.会議の経過
 午後 2時03分 開議

               開 会 の 宣 告
◯議長(林 忠男君) ただいまの出席議員は21名であります。定足数に達しておりますので、これより、平成21年第1回砺波市議会臨時会を開会し、直ちに本日の会議を開きます。
 本日の日程は、あらかじめお手元に配付してあります議事日程のとおりであります。
 去る2月10日、砺波市議会議員の村中昭二君が急逝されました。本臨時会からは、温厚にして篤実な同君の姿に接し得ず議席が空席になりましたことは哀悼痛惜の情に耐えません。
 ここに、本日の日程に入るに先立ち、同君のご冥福をお祈りするため1分間の黙祷を捧げたいと思います。

◯議長(林 忠男君) 全員ご起立をお願いします。
 〔全員起立〕

◯議長(林 忠男君) 黙祷願います。
 〔黙 祷〕

◯議長(林 忠男君) 黙祷を終わります。どうもありがとうございました。16番 高田隼水君から故村中昭二君に哀悼の意を表するため、特に発言を求められていますので、これを許します。
 16番 高田隼水君。
 〔16番 高田隼水君登壇〕

◯議員(高田 隼水君) お許しを得ましたので、去る2月10日に逝去されました、故村中議員の急逝を悼み議員一同を代表いたしまして、謹んで哀悼の言葉を申し上げます。本日ここに、平成21年第1回砺波市議会臨時会にあたりただいまこの壇上に立ちまして、皆様方と相対するときに私はこの議場にただ一人17番議席に在りし日の容姿に接することができず、議員一同痛恨惜別の情を禁じえないところでございます。一昨年に一時体の不調を訴えられたのでありますが、その後は回復に向かわれ元気に議員活動を再開されていたのでございます。なかんずく、御逝去されました5日前、すなわち2月5日には砺波地方介護保険組合議会の議会運営委員会が開催されましたが、そのときは本当にお元気な姿で出席をされていたこと、あるいはまた、不肖私と当選時期が同じで砺波市議会議員に当選以来、17年間にわたり同期としてともに議会活動をしてきたことなどが走馬灯のように頭の中を駆け巡り、この現実は夢か幻のように思われて追慕の情を禁じえないのであります。あなたは平成4年4月砺波市議会議員に御当選以来17年の長きにわたり将来の砺波市の隆盛を思い、市政の発展に参画されてきたのであります。
 この間、ことに当たっては自ら難局に進んで陣頭に立たれ、企業人として養われた見識と行動力を遺憾なく発揮され、常に住民の意思を尊重されつつ、その一身を地域及び市政発展のために尽くされ、林地区民はもとより広く砺波市民の絶大なる信頼と敬慕の対象でありました。
 また、議会におかれましては、豊富な知識と経験、強い責任感のもとに公害対策特別委員長、総務文教常任委員長、決算審査特別委員長としてまた平成8年5月から1年間監査委員として行財政運営のための政治手腕を生かしてご尽力をされ平成10年5月から副議長、平成13年5月からは議長の要職を務められその力量を遺憾なく発揮され枚挙にいとまがないくらいの功績を積まれたのであります。特に記憶に残るものといたしましては、当市の大変な懸案事項でございました北部総合福祉施設事業の実現に御尽力をされ、今日立派な総合福祉施設北部苑が出来上がったのでありますが、当時議長として地元の立地に向け、調整に当たられたあなたのご功績はまことに甚大でございました。人生朝露のごとく一度去っては帰らず、生前の議場におけるご活躍の雄姿を偲びますときに、万感胸に迫り、多くを語るところを知りません。特にただ一心にご回復を祈っておられたご遺族のご心痛を推察申し上げるときには、お慰めの言葉もございません。
 よわい74歳、あなたの急逝は生前の雄姿を偲びますとき万感胸に迫るものがあります。あなたの市発展のために尽くされましたご功績は脈々として、後々までに伝えられるものと深く硬く信じてやまないものであります。今、あなたを思うとき、砺波野に咲いた大輪の白百合の花のごとくとわに私たちの心の奥に咲き続けるものと思います。語れば、惜別の情はつきませんがあなたの御遺志に従い、議員一同あい努力をして市政発展のために渾身の努力をいたすことをお誓いを申し上げますとともに、何時までもご遺族の幸せと郷土の永久の発展を見守りいただきますよう、衷心よりご冥福をお祈り申し上げ追悼の言葉といたします。
                     平成21年2月12日
                       砺波市議会議員 高田 隼水

◯議長(林 忠男君) 次に、報告事項を申し上げます。
 監査委員より、地方自治法第235条の2第3項の規定に基づく例月出納検査の結果報告について、お手元に配付のとおり提出がありましたので、御確認をお願いいたします。

                   日程第1
                会議録署名議員の指名

◯議長(林 忠男君) これより、本日の日程に入ります。
 日程第1 会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、議長において
  5番 瘧 師 富士夫 君
  6番 福 島 洋 一 君
  7番 稲 垣  修  君
を指名いたします。

                   日程第2
                会期の決定について

◯議長(林 忠男君) 次に、日程第2 会期の決定についてを議題といたします。
 お諮りいたします。本臨時会の会期は、本日1日といたしたいと思います。これに御異議ございませんか。
 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

◯議長(林 忠男君) 御異議なしと認めます。よって、本臨時会の会期は本日1日と決定いたしました。

                   日程第3
              議案第1号から議案第3号まで

◯議長(林 忠男君) 次に、日程第3 議案第1号から議案第3号まで、平成20年度砺波市一般会計補正予算(第5号)外2件についてを議題といたします。

                (提案理由の説明)

◯議長(林 忠男君) 本案について、提案理由の説明を求めます。
 市長 上田信雅君。
 〔市長 上田信雅君 登壇〕

◯市長(上田信雅君) 本日、砺波市議会臨時会を招集いたしましたところ、議員各位には、ご多忙中にもかかわらず、ご出席を賜り厚く御礼申し上げます。
 はじめに本市議会の議員で旧砺波市議会の議長を務められました、村中昭二氏が一昨日急逝されました。謹んで哀悼の意を表し御冥福をお祈りしますとともに御遺族の皆様に心からお悔やみを申し上げます。
 それでは、議案説明に先立ち、最近の事務事業の進捗状況等について申し上げます。
 国において、去る1月27日、総額4兆7,857億円余の第2次補正予算が成立いたしました。
 この補正予算には、景気後退下での住民の不安に対処するため、住民への生活支援とともに、住民に広く給付することにより、地域の経済対策に資することを目的とした定額給付金給付事業の事業費約2兆円のほか、高速道路料金引下げや中小企業の資金繰り支援などが含まれております。
 この給付事業は、市町村の自治事務として実施する事業であり、実施に要する経費について、国が10分の10の補助を行うものであります。給付額は、給付対象者一人当たり12,000円で、18歳以下の方及び65歳以上の方は20,000円となっております。
 また、不法滞在者及び短期滞在者以外の外国人登録原票に登録されている方にも給付されるものであり、本市の給付額はおよそ7億7,000万円程度の規模となります。
 しかしながら、給付事業に必要な財源は、財政投融資特別会計特例法の改正など関連法案の改正が必要なため、現在国会において引き続き審議中であり、事業の実施については国会の関連法案の成立待ちの状態となっております。
 この事務の取組につきましては、砺波市定額給付金給付事業実施本部要綱を制定し、1月28日に第1回実施本部会議を開催しました。この会議では各課で必要となる所管事務を想定し、具体的な事務の検討と、できる限りの事務を進めることにしたところであります。
 また、事業の実施に当たりましては、補正予算の議決が必要となりますので、国会における関連法案の審議の動向を注視しつつ、県内市町村と連携を図り、公平で適正な取扱いにより、少しでも早く給付できる体制を整えてまいりたいと存じております。
 次に、都市計画道路杉木花園町線の供用について申し上げます。
 長年の悲願でありました出町太田往来踏切の移設拡幅工事につきましては、1月27日に無事完成し、都市計画道路杉木花園町線の全線が供用開始となったところであります。
 このことにより、従来の踏切は閉鎖・撤去されますが、花園町交差点から市街地への動線が円滑になるとともに、本市北部地域と国道359号を利用しての庄東方面へのアクセスが一段と向上したほか、両側に歩道のついた踏切となったことから、歩行者も安心して通行できるようになったところであります。
 また、(仮称)出町子供歌舞伎曳山会館と砺波チューリップ公園等との周遊性が確保されるなど、中心市街地の活性化の一端を担うものと期待をしているところであります。
 以上、近況を申し上げましたが、これより、本日提出いたしました議案についてご説明申し上げます。
 まず、議案第1号 平成20年度砺波市一般会計補正予算(第5号)につきましては、経済対策に呼応した国の第1次補正予算に伴い、般若中学校大規模改造事業費として歳入歳出それぞれ599,000千円を追加補正し、歳入歳出予算の総額は、20,907,193千円となるところであります。
 この歳出補正に対する財源といたしましては、
   国庫支出金            257,500千円
   市債               337,300千円
であり、不足する額4,200千円を前年度繰越金で措置するものであります。
 次に、議案第2号 平成20年度砺波市国民健康保険事業特別会計補正予算(第4号)につきましては、歳入歳出それぞれ98,178千円を追加補正し、歳入歳出予算の総額は、4,168,491千円となるところであります。
 歳出補正は、医療費の伸びに伴い療養給付費などを増額補正するもの等であり、これらの歳出補正に対する財源として、療養給付費等負担金等で措置するものであります。
 次に、議案第3号 平成20年度砺波市後期高齢者医療事業特別会計補正予算(第2号)につきましては、保険料の特別徴収と口座振替の選択制に係る事務費等について歳入歳出予算の組替えを行うものであります。
 以上をもちまして、本日提案いたしました議案と近況の説明といたします。
 なにとぞ慎重にご審議のうえ、可決を賜りますようお願い申し上げます。

                議案の常任委員会付託

◯議長(林 忠男君) これより、ただいま議題となっています案件に対する質疑に入ります。質疑はございませんか。
 〔「なし」と呼ぶ者あり〕

◯議長(林 忠男君) 質疑なしと認めます。
 ただいま議題となっています議案第1号から議案第3号まで、平成20年度砺波市一般会計補正予算(第5号)外2件については、お手元に配布してあります議案付託表のとおり、所管の常任委員会に付託いたします。
 この際、暫時休憩いたします。

 午後 2時22分 休憩

 午後 3時30分 再開

               (常任委員会の審査報告)

◯議長(林 忠男君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 これより、付託いたしました案件ついて、所管の委員長の審査結果の報告を求めます。
 民生文教常任委員長 瘧師富士夫君。
 〔民生文教常任委員長 瘧師富士夫君 登壇〕

◯民生文教常任委員長(瘧師富士夫君) 民生文教常任委員会の審査結果とその概要について、ご報告申し上げます。
 今第1回臨時会におきまして、当委員会に付託されました、議案3件について審査をするため、本日、市長をはじめ関係部課長の出席を得て、委員会を開会いたしたのであります。
 それでは、本臨時会において、民生文教常任委員会に付託されました諸案件の審査結果をご報告いたします。
 付託案件は、議案第1号 平成20年度砺波市一般会計補正予算(第5号)、議案第2号 平成20年度砺波市国民健康保険事業特別会計補正予算(第4号)、議案第3号 平成20年度砺波市後期高齢者医療事業特別会計補正予算(第2号)以上、議案3件であります。
 当局から議案の詳細な説明を受け、慎重に審議いたしました結果、付託議案については、いずれも原案のとおり、「可決」することに決したのであります。
 ここで、審査の概要について申し上げます。
 まず、議案第1号 平成20年度砺波市一般会計補正予算(第5号)につきましては、昭和49年から50年に建築された般若中学校の校舎棟及び体育館棟について、耐震診断の結果、改修の必要があると判断されたため、大規模改造事業を行うものであります。
 当初、平成21年度に実施する予定でしたが、国の有利な補正予算の内示を受けたので、耐震化の早期実施のため、耐震改修工事費590,000千円、及び工事監理委託料9,000千円を追加補正するものであります。
 財源につきましては、文部科学省所管の安全・安心な学校づくり交付金、補正予算債、合併特例債及び繰越金の充当を予定しているものであります。
 今後の予定については、議会の議決を経て年度内に契約を締結し、本年12月には工事を完成したいとのことでありました。なお、工事中は生徒の安全性を確保するとともに、生徒には工事に従事される方々への感謝の気持ちを持たせたり、地域の皆さんにも協力をいただけるなど意識を高めるよう配慮いただきたいとの意見がございました。
 次に、議案第2号 平成20年度砺波市国民健康保険事業特別会計補正予算(第4号)につきましては、平成21年4月から、年金天引き対象者の国民健康保険税の納付方法に、年金天引きと口座振替の選択性が導入されることになり、4月当初から口座振替にするための手続きが必要となったので、事前に対象者にダイレクトメールにより周知するものであります。
 これに係るシステム改修費及び通知書等の作成費として、総務費で1,637千円を増額するものです。
 また、保険給付費では、退職者医療制度の廃止により、一般分の療養給付費が不足するため96,541千円を増額するものです。
 財源につきましては、国庫支出金、療養給付費等交付金、県支出金、財政調整基金繰入金、及び繰越金の充当を予定しているとのことでありました。
 次に、議案第3号 平成20年度砺波市後期高齢者医療事業特別会計補正予算(第2号)につきましては、平成21年4月から後期高齢者医療保険料の納付方法にも、年金天引きと口座振替の選択性が導入されることになり、これに係る経費として、総務費で1,251千円を増額し、国民健康保険税と同様に確定申告用に保険料納付状況証明書が必要になり、これに係る経費として、総務費で1,757千円を増額し、また、広域連合事務費負担金を3,008千円減額補正するものであります。
 財源につきましては、国庫支出金、諸収入の充当及び、一般会計繰入金の減額を予定しているとのことでありました。以上、議案3件につきましては、いずれも適切なものとして認めたものであります。
 以上、審査の結果とその概要の一端を申し上げ、まことに簡単でありますが、民生文教常任委員会のご報告と致します。

◯議長(林 忠男君) 以上をもって、所管の委員長の審査結果の報告を終わります。

                  (質  疑)

◯議長(林 忠男君) これより、委員長報告に対する質疑に入ります。
 質疑はございませんか。
 〔「なし」と呼ぶ者あり〕

◯議長(林 忠男君) 質疑なしと認めます。

                  (討  論)

◯議長(林 忠男君) これより討論に入ります。
 討論はございませんか。
 〔「なし」と呼ぶ者あり〕

◯議長(林 忠男君) 討論なしと認めます。

                  (採  決)

◯議長(林 忠男君) これより、議案第1号から議案第3号まで、平成20年度砺波市一般会計補正予算(第5号)外2件について、を一括して採決いたします。
 お諮りいたします。以上の案件に対する委員長の報告は、原案のとおり可決であります。以上の案件は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
 〔賛成者起立〕

◯議長(林 忠男君) 起立全員であります。よって以上の案件は、委員長の報告のとおり可決されました。
 以上で、本臨時会に付議されました全案件を議了いたしました。

                 閉会のあいさつ

◯議長(林 忠男君) 市長から、ごあいさつがございます。
 〔市長 上田信雅君 登壇〕

◯市長(上田信雅君) 本日は第1回の砺波市議会臨時会の開会にあたりまして、お礼のごあいさつを申し上げます。当面必要となってまいりました全議案につきまして可決をいただき、まことにありがとうございました。特にこのたびの補正予算のうち般若中学校の耐震化につきまして予算の前倒しを行い、進めるものであります。子どもたちに安全で安心して受けられる教育環境の提供に努めてまいるものでございます。また、世界的な経済不況のもと国においては第2次補正予算が成立したところでありますが、なかでも定額給付金に関しましては市民の期待が大きく、少しでも早く給付できるように体制を整えてまいりたいとこのように思っておる次第でございます。
 今後とも議員各位に一層の御指導御協力を賜りますようにお願い申し上げ、閉会に当たりましてのごあいさつといたします。大変ありがとうございました。

                閉 会 の 宣 告

◯議長(林 忠男君) これをもちまして、平成21年第1回砺波市議会臨時会を閉会いたします。
 どうもご苦労さまでございました。

 午後 3時39分 閉会

地方自治法第123条第2項の規定により、ここに署名する。

  平成  年  月  日

    議  長   林   忠 男

    署名議員   瘧 師 富士夫

    署名議員   福 島 洋 一

    署名議員   稲 垣   修